ラーメン店の店舗内装で注視したいこと

内装デザインの成功例

一級建築士となって25年が経過しました。
現在では建物の設計図面はもちろんのこと、店舗内装にも携わるようになり延べ2,500件ほどの飲食店の内装を手掛けてきたものです。
ケーキ店から寿司店・ハンバーガーチェーンなど、多種多様な飲食店の内装デザインを描いてきましたが、常に依頼内容に気を付けて時間を掛けたデザインを描くのがラーメン店です。
最近は都心部だけでなく郊外でも、数多くのラーメン店が建ち並び鎬を削っています。
これらの多くの店で扱っているメニューはラーメンのみであり、ある種の同業と呼べる人々が同じ食べ物で如何にして来店客を呼び込むのかが悩みの種ともいわれるほどです。
そのため、全国展開をおこなっているチェーン店であっても同じ店内内装ではなく、個々のフランチャイズオーナーに店舗内装デザインのアイデアを自ら出すようにと指示をされています。
これは店舗オーナーにとって今後の店の成功のカギにつながる大切なことなので、私のような建築士に依頼をして集客率を上げられるデザインの制作を依頼されるほどです。
一般的なフランチャイズ店の場合、会社全体のイメージを均一化するために本社が手配した建設会社とテンプレート化されたデザインで新店舗の建設が進められます。
しかしラーメン店の場合は先にも述べたように店長の判断によって店舗内装が変わるので、アイデアを出す必要があります。
私が過去25年の間で担当したラーメン店の店舗内装の依頼は計500件にのぼるので、ここで大成功を収めている2つの店舗の内装事例を挙げていくことにしましょう。
これから新規オープンを目指す方にとって良いアイデアを生み出す参考になれば嬉しい限りです。

内装デザインの成功例全国展開店舗のデザイン例個人店舗のデザイン例

ラーメン店 店舗内装イメージのデザイン事例