ラーメン店の店舗内装で注視したいこと

個人店舗のデザイン例

2件目は個人経営のラーメン店で、自由な店舗づくりを可能としたところです。
メインとなるラーメンはシンプルな中華そばだったので、昔ながらの街にある中華屋をイメージした内装デザインにしています。
正面玄関前にショーケースを置き、ここに提供する料理の見本を設置して集客を図りました。
さらに建物全体をアンティーク風のデザインにして親しみやすい外観にすることも注視しているのがポイントです。
新規店舗の場合、大半が清潔感と真新しさを求めるものですがラーメンという庶民の味を提供するところであれば若干の古めかしさがある方が訪れる方々は気負いせずに入店できるものです。
この店も開店してすぐに口コミ評判だけで人気店となり、現在では数多くのバラエティー番組で紹介されるほどの知名度を得ました。
内装が良いという声も聞こえており、デザインした私にとっては嬉しいものです。

内装デザインの成功例全国展開店舗のデザイン例個人店舗のデザイン例